アルファロメオ75(Alfa Romeo 75) アルファロメオ75(Alfa Romeo 75)

アルファロメオ 75(Alfa Romeo 75)ニーズオートが整備・修理・メンテナンス・トラブル解決できる工場です

アルファロメオ75(Alfa Romeo 75)

アルファロメオ75(Alfa Romeo 75)

overview 概要 overview 概要

1985年から1992年まで製造販売。
登場は1985年5月で、それまで生産されていたジュリエッタ(二代目)の後継車として登場したが、 翌年フィアット傘下に入る直前の、経営破綻寸前だったアルファロメオの台所事情を反映し、機構的にはほぼ先代を踏襲していた。
なお、ジュリエッタ自体も1972年デビューのアルフェッタをベースにすることから、基本設計は更に13年前に遡ることになる。
とはいえアルフェッタはドディオンアクスルにデフとギアボックス、更にフォーミュラカーと同様のレイアウトのインボード式リアディスクブレーキを組み込んだトランスアクスルを採用しており、ほぼ50:50の前後輪重量バランスを実現し75のデビュー時点でも十分に進歩的なシャーシ性能を有していた。



exterior エクステリア exterior エクステリア

大きく変わったのはボディで、当時のチーフスタイリスト・エルマーノ・クレッソーニによる、特徴的なショルダーラインを持つ抑揚の強いウエッジシェイプのスタイルに一新された。

interior インテリア interior インテリア

室内も外観同様に角ばったダッシュボードやスコップの柄のようなサイドブレーキレバー、頭上に配置されたパワーウインドウスイッチ、アルファロメオ初のドライブコンピューター (Alfa Romeo Control と呼ばれた)など個性的で、良くも悪くも1980年代の流行に即したものとなった。

spec スペック spec スペック

モデル名:Alfa Romeo 75

型式:E-162B40

全長(mm):4330mm

全幅(mm):1660mm

全高(mm):1400mm

ホイールベース(mm):2510mm

トレッド前/後(mm):1390mm/1380mm

車両重量(kg):1190kg

乗車定員(名):5

エンジン種類:直列4気筒DOHC

排気量(cc):1961cc

最高出力<kW(ps)/rpm>:107kW(145ps)/5800rpm

最大トルク<Nm(kgm)/rpm>:186.3Nm(19kgm)/4000rpm

燃料供給装置:M.M.E.I.(モトロニック・マルチポイント・エレクトロニック・インジェクション)

駆動方式:FR

トランスミッション形式:5速 MT

サスペンション:<前>ダブルウィッシュボーン(トーションバー) <後>ド・ディオン(コイルばね)(ダブルワットリンケージ)

主ブレーキ:<前>ベンチレーテッドディスク <後>ディスク

燃料消費率:9.4km/l

<概要・エクステリア・インテリア>
ウィキペディアより参照
<スペック>
Auto Wiki.fiより参照