アルフェッタ116(Alfa Romeo Alfetta116) アルフェッタ116(Alfa Romeo Alfetta116)

アルファロメオ アルフェッタ116(Alfa Romeo Alfetta116)ニーズオートが整備・修理・メンテナンス・トラブル解決できる工場です

アルフェッタ116(Alfa Romeo Alfetta116)

アルフェッタ116(Alfa Romeo Alfetta116)

overview 概要 overview 概要

1972年から1984年まで40万台を販売し、強力なエンジンと軽量な車体との組み合わせに人気があった。

1960年代の主力車種、ジュリア系の拡大発展型であった1750系の後継車、1970年代に向けた新設計の中型車シリーズとして1972年に発表された。
(1750系は2,000ccエンジンが与えられ、2000ベルリーナ/2000GTVとして、アルファロメオのトップモデルとして1977年まで継続生産された。)

車名のアルフェッタは「小さなアルファロメオ」を意味し、1950年代初頭に活躍したグランプリカー・ティーポ159の愛称から命名されたものである。
その名にふさわしく、変速機とクラッチを後輪デファレンシャル直前に配置したトランスアクスル方式とし、バネ下重量が軽くキャンパー変化がないことから1930年代以来レーシングカーや高性能車に好んで採用されてきたド・ディオンアクスルの後輪サスペンションを組み合わせた、野心的なシャシー設計を特徴とした。
その設計の甲斐あって50:50の理想的な前後重量配分、シャープなハンドリング、良好な乗り心地を実現し、当時のスポーティサルーンの模範的な存在となった。

1972年 「ベルリーナ」登場
1974年  3ドアGTシリーズ追加
1975年 「アルフェッタ1.6」追加
「アルフェッタ1.6」「アルフェッタ1.8」1983年まで生産
1976年 「アルフェッタ2000」登場
1979年 「2000ターボーディーゼル」追加
1980年 「アルフェッタGTV2.5」登場
1983年 「2000ターボーディーゼル」が「2.4ターボディーゼル」に発展 1984年まで生産



exterior&interior エクステリア&インテリア exterior&interior エクステリア&インテリア

1972年5月、4ドア・ベルリーナが登場。当初は1750と共通の1,779cc124馬力一種類であった。

1974年には3ドアのGTシリーズが追加された。ボディデザインはジョルジェット・ジウジアーロで、広いグラスエリアと大人4人が快適に乗車できる居住性を特色とした。
ダッシュボードはタコメーターだけがドライバー正面、他の計器類はセンターに配置されるという、当時では異色のレイアウトを持っていた。
やはり当初は1779ccエンジンモデルのみであったが、1976年に1.6と2.0GTVが追加された。

第一次石油危機後の不況を反映し、1975年初めには廉価版「アルフェッタ1.6」が追加された。
1.6は丸型2灯式ヘッドライトを持ち、前方からは容易に識別できた。

1976年には角型2灯式ヘッドライトとより高級志向の内外装を持つ「アルフェッタ2000」が登場。

1979年には第二次石油危機に対応して「2000ターボディーゼル」も追加され、1,962cc150馬力のターボチャージャー付エンジンを搭載した。

1980年にはアルファ6で初登場した2,492cc150馬力のV型6気筒エンジンを搭載した「アルフェッタGTV 2.5」が登場、このエンジンは傑作として世評が高く、1980年代のアルファロメオのイメージ回復の先駆けとなった。

1983年には「2.4ターボディーゼル」に発展した。
1983年以降はGTシリーズからアルフェッタの名称が外れ、単に「アルファロメオGTV」と呼ばれるようになり、4ドアの消滅後も1987年まで継続生産された。

1.6と1.8は1983年まで、2.0とターボディーゼルは1984年まで生産され、基本的に同一設計でボディパネルを一新したアルファロメオ・90に後を譲った。

spec スペック spec スペック

モデル名:Alfa Romeo Alfetta116

ボディタイプ:4ドア セダン・3ドア クーペ

全長(mm):4280mm(1972年4ドア)

全幅(mm):1620mm

全高(mm):1430mm

ホイールベース:2510mm

車両重量(kg):1060kg

乗車定員(名):5・4

エンジン種類:直列4気筒DOHC

排気量(cc):初代 1570cc

最高出力<kW(ps)/rpm>:80kW(109ps)/5600rpm

最大トルク<Nm(kgm)/rpm>:142Nm/4300rpm

駆動方式:FR

トランスミッション形式:5速 MT/3足 AT

サスペンション:<前>独立 ダブルウィッシュボーン トーションバー <後>ド・ディオンアクスル コイル

<概要・エクステリア・インテリア・スペック>
ウィキペディアより参照
ウィキペディア英語版より参照