ミト(Alfa Romeo MiTo) ミト(Alfa Romeo MiTo)

アルファロメオ ミト(Alfa Romeo Mito)ニーズオートが整備・修理・メンテナンス・トラブル解決できる工場です

ミト(Alfa Romeo MiTo)

ミト(Alfa Romeo MiTo)

overview 概要 overview 概要

2008年(平成20年)6月19日にスフォルツェスコ城で発表会が行われた。
車格はBセグメントに属し、市場での位置はスポーツ、プレミアム寄りである。
名前の由来は、ミラノ (Milano) でデザインされ、トリノ (Torino) で生産されることから、それぞれの頭文字をとって「Mi.To」と名付けられた。



exterior エクステリア exterior エクステリア

日本では初期モデルが2009年4月に発表され、同年5月より正式に発売開始となった。
導入当初155PS (114kW) を発揮する1.4ターボチャージャー付ガソリンエンジンを搭載した1.4Tスポルト/6MTのみが導入された。
ボディカラーは少なく、アルファレッド、ビアンコスピノホワイト、エトナブラックの3色。

時を経て2008年。
8Cデザイン要素を盛り込んだ新たなMiToが誕生。
スポーツクーペのシルエットとコンパクトサルーンの快適性を融合させた古き良きイタリア車を彷彿させる。

interior インテリア interior インテリア

初期モデル
標準でスポーツファブリックのブラックとブラック/レッドの2種類と、オプションでフラウ社製本革シートのインテリアで、ボディカラーに応じてブラック、レッド、ナチュラルが選べた。
装備は、安全装備を中心にサイドエアバッグやカーテンシールドエアバッグ、VDCなどが標準装備されていたほか、フロントブレーキにはブレンボ社製の4ポッドキャリパー仕様が装備された。
反面、リアシートは4人乗り仕様のためセンターヘッドレストが装備されていなかったほか、エアコンがマニュアル仕様だったり、ドアミラーが電動格納式でなかったりするなど日本仕様にしてはユーティリティーに劣る内容も見受けられた。

最新型は、上質なFrauR製レザーシートに使いやすさを追求したインストルメントパネル。
走行モード、エアコン、インフォテインメントなどワンタッチ操作。

spec スペック spec スペック

モデル名:MITO SUPER

型式:ABA-955142

ハンドル位置:右

全長(mm):4070mm

全幅(mm):1720mm

全高(mm):1465mm

ホイールベース(mm):2510mm

トレッド前/後(mm):1485mm/1475mm

車両重量(kg):1260kg

乗車定員(名):5

エンジン型式:955A7

エンジン種類:直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボ

総排気量(cc):1368cc

ボア × ストローク(mm):72.0 × 84.0

最高出力<hp>:99Kw(135PS)/ 5000rpm

最大トルク<kW(ps)/rpm>:190(19.4)/ 4,500 [Natural/All weather] 230(23.5)/1,750 [Dynamic]

燃料供給装置:マルチポイント式 電子制御燃料噴射

駆動方式:FF

ステアリング形式:ラック & ピニオン(電動パワーアシスト付)

トランスミッション形式:Alfa TCT(6速乾式デュアルクラッチオートマチック)

変速比:第1速 3.900 第2速 2.269 第3速 1.522 第4速 1.116 第5足 0.915 第6速 0.767 後退 4.000 最終減速比 4.118

サスペンション:<前>マクファーソン ストラット(コイルスプリング) <後>トーションビーム(コイルスプリング)

主ブレーキ:<前>ベンチレーテッドディスク <後>ディスク

タイヤサイズ:215/45R17

最小回転半径(m):5.5m

燃料消費率※ JC08モード (km/L):14.6

CO2排出量 [JC08モード燃費換算値](g/km):159

主要燃費向上対策:START & STOPシステム、マルチエア、電動パワーステアリング、Alfa TCT

カーエアコン冷媒:R-1234yf(1)/450±40

<概要・エクステリア・インテリア>
ウィキペディアより参照
<スペック>
alfaromeoより参照